和紙サンプルメモブロック「日本古来の和紙原料 楮(こうぞ) 5種類」

楮、三椏、雁皮は和紙の三大原料。その中でも、楮は最も親しまれてきました。 それぞれに、和紙の名前と全紙の寸法が入っています。

商品名:
和紙サンプルメモブロック「日本古来の和紙原料 楮(こうぞ) 5種類」
サイズ:
100×155㎜
入数:
10枚×5種類
  • 問屋の選ぶ和紙:日本古来の和紙原料 楮(こうぞ)

    長い繊維で、強靭な紙が作れる、楮(こうぞ)。
    どんな地域でも比較的簡単に育つということで、全国で栽培されましたが、
    現在では手入れをする人も需要も減ってしまい、数は減少。高級和紙の原料となりました。
    パルプで作った和紙が悪いわけでは全くありませんが、やはり楮が和紙本流とも言えます。
    そんな楮を使った和紙を紹介します。

    全ての紙に3か所の名前と全紙寸法、紙目、包み枚数が入っています。
    気に入った和紙は、問い合わせていただけると購入可能です。

  • 土佐和紙:麻布

    高知県の土佐和紙。
    落ち着いた色目、ラフな肌触り。
    でもそれでいて表面の強度もあるので印刷や筆記に向く。
    まさに、「大人な和紙」の風格です。

  • 土佐和紙:楮色和紙 生成色

    高知県の土佐和紙。
    麻布と同メーカー。
    曖昧で微妙で、それがとても日本的な色目。
    楮を使うことで、独特のムラのある地合いを作り出しています。

  • 土佐和紙:楮色和紙 鶯色

    高知県の土佐和紙。
    まさに日本の色。
    楮の醸し出す雰囲気があります。

  • 土佐和紙:楮色和紙 灰桜

    ここまですべて同じ土佐和紙のメーカーです。
    灰桜とは、やや灰色がかった桜色。
    明るいだけではない奥ゆかしさやはかなさを表します。
    こちらも、大人の和紙にふさわしいでしょう。

  • 阿波和紙:葉月 未晒

    徳島県の阿波和紙。
    楮の繊維を束ねて、雲のような模様を描きます。
    落ち着いた色味の中に、どこか荒々しさも感じられます。

  • 全国の和紙を扱う専門問屋として

    オオウエは、1948年の創業以来、一貫して和紙を扱い続けてきました。
    お客様の用途に沿った産地選びを得意としています。
    そんなオオウエの4代目候補が選んだ和紙メモブロックを、ぜひお試しください!

    うるわし店長兼和紙田大學学長兼和紙問屋4代目候補です。

こちらの商品もおすすめ

合計3,240円(税込)以上、全紙の場合は5,400円以上、
お買い上げで送料無料!