和紙をめぐる小さな旅 奈良県吉野手漉き和紙便箋 8枚入り

「和紙をめぐる小さな旅」は、日本各地の和紙の産地を旅する便箋シリーズです。 産地や原料によってさまざまな表情をみせる和紙。 そんな和紙に漉き込まれた、まちの春夏秋冬、重ねられてきた歴史に、あなたの想いをのせて届けます。

商品名:
和紙をめぐる小さな旅 奈良県吉野手漉き和紙便箋 8枚入り
商品コード:
4562417966028
サイズ:
185×140㎜
入数:
8枚入り
  • 和紙を通じて日本を体感し、共有してください

    日本の地域の伝統産業や、それぞれの和紙の特徴に載せて、あなたの思いが旅をします。
    英語での説明文も入っているので、外国の方への贈り物やお土産にも最適です。
    例えば、お野菜でも農家の方のお顔が見える商品がスーパーに並んでいます。
    和紙も同じです。
    それぞれの紙に、作り手がいて、その人たちや土地にストーリーがあります。

    今回、デザイナーの浪本浩一さんと和紙産地を実際に訪ねて歩きました。
    それぞれの気候風土に適した原料やモノづくりを真摯に積み重ねられてきています。
    和紙、と一口に言っても、その裏側にはたくさんの人や歴史があり、違った表情を持っています。
    あなたのお気に入りを見つけてください。

  • 奈良県吉野の手漉き和紙

    吉野川の清冽な水と澄んだ大気に恵まれた吉野町。吉野和紙は、壬申の乱(672年)で吉野に兵を挙げた大海人皇子が吉野の里人に紙つくりを伝えたという説もあるほどの歴史を持っています。以来この地では草木の栽培から加工、紙漉きまで伝統的な製法で紙づくりが行われてきました。特に吉野の宇陀紙は、世界各国の美術館などで国宝・重要文化財の書画の修復に使われていることで知られています。

  • 福西和紙本舗6代目、福西正行さん

    「この杉皮和紙は和紙職人の祖父が戦後、吉野杉の端材を活かすために完成させた紙で、茶室などの壁紙として使われてきました。木の素材が感じられるこの杉皮和紙は、吉野の歴史風土そのものなのです」

    福西和紙本舗 福西正行

  • この和紙便箋の特徴

    平成27年7月文部科学省文化審議会において「表具用手漉和紙(宇陀紙)製作」として選定保存技術保持者に認定された、6代目福西正行氏による伝統的な手法で作られた和紙です。見た目も手触りもしっかりとした素材感があり、箔押しのデザインも相まってとても力強く、インパクトのある便せんです。

  • 説明文には、英語も併記しています。

    There is a theory that says paper-making of Yoshino washi was passed down in the year 672. Still today, the paper is made by hand, and Yoshino washi is used in repairs for calligraphic art works at art museums and the like in countries around the world.

    ”This cedar-bark washi is a kind of paper that was completed by the forerunners of washi craftsmen to put the left-over materials of Yoshino cedars to use, and it has been used as wallpaper.”

    – Fukunishi, a Yoshino washi craftsman

  • メディアに紹介していただきました

    日経MJさま

    原料から自分たちで育て、すべてを奈良の地で行う、古来から変わらぬ良さを伝える和紙をご堪能ください!

こちらの商品もおすすめ

合計3,240円(税込)以上
お買い上げで送料無料!