:
オオウエのプロダクトと暮らし

感謝の気持ちが伝わる!結婚式のお車代にぴったりのポチ袋・和紙袋3選

2016.11.25
  • facebook
  • twitter

どうも、うるわし店長の大上です。

私は、2年前の4月に結婚しました。
子供もいまして、とってもかわいいです。
と、私のことは置いておいて(笑)

やっぱり一生に一度(のことにしたい)の結婚式。
遠方からも友人を呼びたい。
そんな時にお車代をお渡しします。
わざわざ遠方から、時間とお金を使ってきてくれる友人に、少しでも感謝の気持ちを伝えたい。
そんなときにばっちりなお車代を入れる袋をご紹介します。

あまり仰々しすぎるものも重たいし、かといってなんでもいい無難なものをというのも、感謝が伝わらないものです。

目次
・結婚式に来てくれてありがとう!と三つ指つきましょう
・たくさん飲んで帰ってね!麦酒で乾杯。
・よりスタイリッシュに感謝の気持ちを乗せる、「お札にぴったりの和紙袋」
・一筆メッセージを入れてあげると、なおよし
・まとめ

結婚式に来てくれてありがとう!と三つ指つきましょう

私は大阪で式を挙げましたが、大学時代は東京にいましたので、東京から来ていただいた方も多くなりました。

もう、ほんとに感謝の想いしかありません。
お車代だけでは足りないくらいなものです。
平身低頭、三つ指をついて丁寧にお礼の気持ちを伝えましょう。
上の開いている部分には、「ありがとう」などと一言入れてみるのもいいですね。

結婚式の時は、あわただしくてきっちりとお話も出来ない可能性があるので、ここで感謝を伝えておきましょう。
愛媛の伊予和紙に、活版印刷をした風合いも、非常に雰囲気があります。

質感のある三つ指。大切な思いが伝わります

たくさん飲んで帰ってね!麦酒で乾杯。

こちらはちょっと変わり種。

今日は、本当に来てくれてありがとう。
宴会の席をご用意したので、自分自身もぜひ楽しんで帰ってね、という想いを伝えます。
そう、見たまま麦酒(ビール)です!
遠くから来ていただいたからには、最大限に楽しんでいってほしい。
お車代に、そんな意味を持たせてみてもいいですね。

ビールが飲みたくなる一枚。

よりスタイリッシュに感謝の気持ちを乗せる、「お札にぴったりの和紙袋」

お札がぴったりと入る和紙袋。
1万円を入れる場合には鳳凰を、5000円の場合にはカキツバタをご利用ください。

ぴったりと入ることで、コンパクトでありながらも存分に気持ちを伝えられます。
和紙×活版の味や温かみ、それにイラストレーターの西淑さんが書き下ろしてくれた優しいイラストは、もらった方をほっとさせます。

無機質なお車代ではなくなりますので、結婚式のためにわざわざ来てくれた方に、感謝の気持ちが伝わります。

ぴったりとスタイリッシュに!

一筆メッセージを入れてあげると、なおよし

余力があれば、メッセージが入っているとなおいいですね。

簡単な言葉でいいんです。 「今日は、遠いところから来てくれてありがとう。
存分に楽しんでいってね」 でもいいと思います。
それを、袋に入れてあげてください。
このひと手間、一言が感謝を伝えるのです。

遠いところから来てくれてありがとう、だけでも十分気持ちは伝わります

まとめ

めちゃくちゃ準備が大変ですよね、結婚式。

でも、忘れてはいけないのが、一緒に立ち会ってくださる方々です。

結婚式・披露宴に立ち会っていただいたということは、その結婚に対する証人です。
遠方から来てくれるなんて、本当にうれしいんです。

それを、ほんの少しでいいので伝えるお車代の役目を、和紙の暖かさが担うことが出来ると思います。
忘れがちというか、後回しにしがちですが、ぜひお車代に使ってみてください。

三つ指が3つセットになったものを、アマゾンでも購入できます。
うるわし アマゾン店

以上、遠い日の記憶になりつつある結婚式を思い出しながら、うるわし店長が書きました。

結婚式のお車代に最適な和紙袋

合計3,240円(税込)以上
お買い上げで送料無料!